事業紹介

2021/05/25

2020年「大人と語ろう!」について、準備

こんにちは。

長門市しごとセンターです。

地域創生や、学校での「総合の時間」「探求の時間」が大切にされていますね。ご縁あって、地元の高校の『長門学』という授業をお手伝いさせていただきました。

そのとき『大人と語ろう』という会を実施しました。ただ、高校生のお手伝い初めてだったので、いろいろ検索したり、実際になさっている方に意見を聞いたりして、先生とも何度も話をして、準備を進めました。

ある人が繰り返し言っていた「話しやすい環境設定が大切」「ちょっとしたことでもいいから、(生徒が)自分で選べる何かを用意したほうが、満足感が上がる」との点をとにかく意識しました。

今後よりよい形で発展させていけるように、記録として、手法を残します。

◎◎たてつけ◎◎

目的と、当日の流れは、このようにしました。

◎◎話をしてもらう大人◎◎

・できるだけ少人数グループにして、大人と「対話」できる環境づくりを目指しました

生徒には、参加予定の大人の自己紹介をもとに、事前にどの大人と話したいか考えてもらいました。

◎◎参加される方への、事前準備◎◎

大人には、事前に『人生グラフ』を描いてきてもらいました。

下記のような形で、依頼しました。

生徒には、事前に『自己紹介シート』を作成してもらいました。

◎◎さいごに◎◎

2020年に、初めて「大人と話そう」を実施しました。

参加する高校生は、進学校の1年生であり、これから文理の選択をするとのことでした。

そこで、これからの進路選択のヒントになるように、できるだけ若手に来てもらい、どのように進路を選び今何をして、何を考えているのか話してもらいたいと思いました。

長門で活躍している大人に話してもらい、将来、誰かが長門に戻って活躍してくれたらいいと思いました。

反省はいろいろあるのですが、それは、次の機会があれば、そのときに改善を試みていきたいと思います。

ここまでお読みいただき有難うございました。