スタッフブログ

2020/02/20

【レポート】第5回目の合同企業ガイダンスin長門

こんにちは。

長門市地域おこし協力隊の岩本です。

先日、NPO法人つなぐ(長門市しごとセンター運営)にて、地域の高校生と企業を結ぶ「合同企業ガイダンスin長門」が開催されました。

簡単ですが、内容をレポートします。

-------------------------------------------------------------------------

1)これまでの取り組み ―合同ガイダンスができるまで

2)第5回目の合同企業ガイダンス

3)企業ブースについて

4)今回の挑戦 ―事前マッチングの実施

5)参加された生徒のアンケート

-------------------------------------------------------------------------

 

1)これまでの取り組み ―合同ガイダンスができるまで

長門市では、これまで長門市独自の合同企業ガイダンスをしていなかったそうです。

だから、長門市内の企業は、採用活動のため、山口市はじめ山陽で実施されるガイダンスに参加していたそうです。

同じことは、長門市在住の生徒さんにもいえ、企業を知りたい場合、山口市や下関市で行われるガイダンスに参加されていたそうです。

 

少子化が進む日本、

ほかの地域と同じように、長門市の企業でも「採用難」を感じるようになってきたそうです。

 

そこで、市外に出て行く子どもたちに、市内にもいい企業はあるよ?と話しかけてみたものの、「それはどこ?」「よくわからない」と。子どもたちは、住んでいて社名を知っていても、長門市内の企業を「働く場」として認識する機会がほぼないんだってことが、問題として浮かび上がってきました。

そこで、2018年に長門市しごとセンターが開館する際に、

「長門市独自の合同企業ガイダンスを行い、長門に住む高校生やその保護者などに長門の企業を知ってもらう機会を作ろう」

とのことになりました。

それから、年に2回。市内の高校生と市内中心に採用予定のある企業に参加を呼び掛けて、合同企業ガイダンスが行われるようになりました!

 

2)第5回目の合同企業ガイダンス

第5回目は、2020年2月6日(木)13:30~17:00に実施されました。

場所は、長門の文化の礎、ルネッサながとのアリーナです。

・参加企業 33社

・参加者 約150名

 

たくさんの方に、ご参加いただきました。

誠にありがとうございました。

 

回を重ねるごとに、各社さんのブース・説明が見事になってきました。


 





 

▽中央に設置した、パンフレット台にも、色々並びます


 

3)企業ブースについて

実は、最初の頃、アンケートをみていると

参加企業の方から「事前に会社のことも調べておらず、反応も薄いし、就職したいと思っているのでしょうか」

みたいなコメントがありました。

ブースに来てくれた方に、懸命に説明していても聞いてくれている実感がなく、質問もなく、残念な気分になられたそうです。

 

自身を振り返ると、大学生のとき、リクルートスーツ着て、かしこまって参加したものです。

ガイダンスではひとまず前のめりな姿勢で臨みました。第一印象のために。

 

大学生だから?高校生だから?戦略とか、考えの違いとかあるのでしょうか?

 

よくわからなかったので、高校生の採用を毎年行っている会社さんなどに質問に伺いました。

ある方曰く「高校2年生って、就職について初めて意識する。やりたい仕事、を考えるにはまだ至っておらず、自分が何をしたいのか、どう考えたらいいのか、すべてが今から考える状態」

だから、こちらから、自社PRの前に、まず安心してもらい目を向けてもらうため目線を合わせた投げかけが大切とのことでした。

なるほど・・・。

 

会社向けの事前説明会等にそういう話ができる方をお呼びして、回を重ねてきました。

1歩ずつ、です。




 

4)今回の挑戦 ―事前マッチングの実施

工夫を重ねつつも、前回、参加してくれた高校生たちが、どの企業ブースに行くか決めきれず、通路でうろうろされている姿が気になりました。

スタッフにて声をかけ、例えば事務やりたいといっている方には、

「〇△社さんにも、事務の仕事がありますよ」などと案内をしてました。

でも「どういうことに興味があるの?」と聞いても「それがわからないから来てるんです」みたいな感じで、その場でポンポン会話が進むわけではなく、、

もっと効果的に何かできないか考えたところ、ある方から「事前に話を聞く企業を決めて、質問を考えてもらうようにするとよいですよ」とのアドバイスを受けました。

そこで1か月以上前から準備を進め、参加企業一覧をつくり、高校生に事前アンケートをとって、開催1週間前までに、一人一人におススメの企業を、理由を添えて提示させていただきました。

正直、準備はなかなか大変でしたが、企業や等身大の高校生にいろんな質問をし、いろんなことを考え、スタッフにとっても貴重な体験になりました。

当日、高校生の多くが、推薦した企業リストをもとにブースを探されているのを見たときは、ちょっと嬉しかったです^^


5)参加された生徒のアンケート

アンケートをお願いしているのですが、今回、高校生から

・参考になったが100%(大変参考になったが67.9%、参考になったが32.1%)

現時点の進路が「未定」の生徒で、大変参考になったの割合が85.0%と高め

との回答をいただきました。

 

100%はさすがに、忖度があるのかもしれません。とはいえ嬉しいですwww

 

・事前マッチングをもとに推薦先ブースに行ったのは、86.8%。

現時点の進路が、「未定」の生徒は2社とも訪問の割合高め、「進学」希望が2つともいかなかった割合高め

でした。

 

フリーコメント(一部抜粋)

・今回は推薦してくれた2社に行って、とても参考になったし、ここで働きたいとも思った。
・普段聞けないことを聞けたり、気になることを聞けたから
・様々な企業をみることができたから
・思ったよりも、人が優しく丁寧に教えてくださってよかったです。
・自分の興味のある職業に近い話をきくことができた。
・まだ何がしたいか決まってなかったのでとてもよかったです。
・進学希望だったけど新たに興味がある職が見つかった。
・回った企業がすべて内容の違うものでたくさんのことを知れたから
・将来就職するときの良い参考になった。
・興味のないものが多々あったが、面白いところは面白かった。
・地元じゃないので、長門にはこんないいところがあると知らなかったので勉強になった。
・自分で自由に選べることは、責任をもっておこなうことなのかなと考えました。

いろいろなことを書いてくれました。


なにせ皆様から「参考になった」との意見をいただいており、スタッフとしては達成感があります(笑)。

全部の意見をしっかり読ませていただき、次回に活かしたいと思います。

 

 

なお、高校2年生の1月末の時点で8割の生徒さんが「進学」もしくは「就業」を決めておられます。

自分のことを考えても、なんだかんだで早い、と感じます。

納得いく人生を選ぶお手伝いができるよう、今後も工夫を重ねていけたらと思います。

 

 

長門市しごとセンターは、週6日OPENしています。(定休火曜日)

こういうことできないかな、こういうことやってみたいな

等々ご意見等あればぜひお越しいただき、ご意見などいただければと思います^^