ながとで学ぶ

地方だからできる学習を。 課題解決型の地域の教育拠点

昨今、日本の少子化により小中学校や高校の統廃合が進んでいます。これにより、地域間で等しく教育の機会が得られないという問題が起きています。2Fにあるキャリア拠点室は、「長門Nセンター」との愛称で、中高生に原則無料開放しています。フリーwifiやウェブ端末の貸出によるオンライン機器の利用の機会の提供、プログラミングの学習の機会等を提供しています。壁一面がホワイトボードになっており、自由に絵をかいたり、学校が別になっても一緒に集まり、お互いに勉強を教え合ったり。都市部と地域で広がる教育格差の問題を解決する教育拠点や若者と地域住民が交流できる新しい拠点を目指します。