全国の中高生と考える地球の未来 海洋の環境保全について学んでみませんか?

こんにちは、NPO法人つなぐです。

今のままだと「2050年までに、海のプラスチックゴミが、海に住む魚の量を超えるかも知れない」と聞いたことはありますか?

プラスチックは自然に返らず、何十年も前のゴミが海底にそのまま漂っているのです。

では、どうしたらいいのか?

専門家の話を聞いたり、自分で調べたりして、海の保全、地球の未来について一緒に考えてみませんか?

この企画のオススメポイント

①海洋保全をテーマに、形を変えながら、3つのイベントを実施します。

 専門家の話を聞いてみて面白ければ、次はワークショップで自分なりに調べ考えをまとめてみませんか?そして、実際に船に乗ってイカ釣り体験に出てみませんか?

 体験することで、これまでと違う世界がきっと見えてくると思います!

②『学校法人角川ドワンゴ学園』とのコラボ企画です。

 N/S高・N中等部に通う全国の高校生も参加予定です。これからを担う、全国の同世代と『自分たちの地球』について考えてみませんか?

ぜひご参加ください。※いずれか1つだけの参加も可能です!

また、この情報を広く、長門市内の中高生に届けたいです。シェアなど、ご協力いただけますと幸いです。

【第1弾】専門家に学ぶトークセッションについて

長門市内の深川中学校2年生と連携し、授業の一環として、オンラインでのトークセッションを実施します。

そして、長門市の方々へ、どんな学びをしているかをお知らせした意図思っています。

ご興味ある方の視聴も可能です。ぜひ、お申込み下さい!

対象:長門市内在住・在勤の一般の方

※視聴のみです。専門家への質問はできません

※ご自身のスマホ・タブレット・PCからご参加ください。

お申込みをお待ちしています。

【第2弾】専門家と学ぶワークショップについて

お申し込みは ここをクリック