事業紹介

2021/02/07

3年3か月の育休をとって、今年度職場復帰した矢野先生のこと

こんにちは。つなぐ事務局です。2月26日開催の「ワーク・ライフ・バランスについて考えるシンポジウムinながと」に関わるご紹介です。

(オンラインで開催します。絶賛、参加受付中です!詳細はこちらから) 

そこに登壇いただくパネリストのお一人が、大津緑洋高校の矢野先生です!!

矢野先生とは、「3年3か月の育休」を取得された男性です。

正直、育休を取った男性と伺ったときは「まあ教員だったら、あるだろうなあ」と思いました。

ただ「3年3か月」ときいて。それにはびっくりしました😳

数週間~数か月の取得はよく聞きますが。…3年とは、いやはや

矢野先生曰く「3年たつと、生徒がみんな変わっていて。浦島状態です」。

.

確かに、時の流れを感じそうですね…

.

休んでいた時の思いは?なぜ自分が取ろうと思ったのでしょうか?

ここでは、ご本人の了解をえまして、山口新聞での連載記事の1つ「なぜパパが育休か」を紹介いたします。2020年4月2日 山口新聞朝刊 東流西流です。

話し合いの上取得されたとはいえ、葛藤もあったのですね。

事実だけだと「特別な人」のように感じますが、こうやって当時の感情を知ると、一人の「人」としてとても興味をひかれます。

ほかの回での、朝の様子とか、お風呂の様子とか。

すごくリアルです!

上のお子さんはすでに4歳になったとのこと。先日初めて会ったのですが、なんだか初めての気がしません(笑)

なんだか楽しいです。

「子育て」と「仕事」

自分、友人・知人、職場の誰か…など誰かがその状況に出会うたびに考えることになるテーマ。だからこそ、改めて、いろんな話ができたらとも思います。

今回は長門市の矢野先生と、ホテル楊貴館の岡藤智賀子社長、丸久で3人の子を育てながら働く早川店長に登壇いただきます。

そう、長門市だったり山口県内で働いている人のお話です。

視聴は無料。youtubeliveで、視聴者の顔は映りません。

ご興味いただいたなら、ぜひシンポジウムにお申し込みいただけますと幸いです^^

◇シンポジウムの詳細はこちらから◇

#長門市#山口県#長門市しごとセンター#WLB#育休#男性の育休#ライフステージの変化に誰がどう対応するのか#シンポジウム#オンライン#身近に多様な生き方をしている人がいる#話を聞いてみませんか